KURATA Architectural Office Co.Ltd.  SUB-HOMEPAGE
本文へジャンプ
 

M-HOUSE


 20年前の倉田設計第1号作品のM倉庫をリフォームして子供さん家族が熊本市から引っ越して移住する計画の専用住宅である。もともとRC打ち放しの柱、梁のラーメン構造で計画していた倉庫である。
大工の棟梁として長年君臨されたM棟梁が(倉田の父はM棟梁の一番弟子)引退を機会に大工道具の倉庫として20年前に計画された建物である。将来、多種用途に変更可能なように計画していた為、ここに専用住宅として生まれ変わる事が出来たのである。
 当初の外壁はスレート(木下地)であったが、今回、レンガを張り、RCのフレーム(柱、梁)はそのまま残し、北側に在来木造2階建てを増築して新たな建築として生まれ変わった。
東側に玉名市と岱明町を分ける境川が流れ、北側には厳島神社が緑の中に存在し、風光明媚な自然環境の場所に位置する。
 倉田の生家も、ここより西に500m程に位置し子供のころは、この境川でよく泳いで遊んだものです。そんな思い出深い、この地に2回も設計に携わる事が出来たのは、今は亡き父の、おかげだと感謝しています。M棟梁もやがて90歳を迎えられるが、まだお元気にされており、父の分まで長生きして欲しいと願っております。
 内部においては、無垢の木材を多様し、土佐しっくいパラリ仕上げ、土壁、土佐しっくい引き摺り仕上げ、などの自然素材をふんだんに使用しています



所在地  玉名郡岱明町
敷地面積
延床面積
建蔽率
容積率  
構造   RC造 + 在来木造2階建 
木彫:アトリエ 森の家
家具:有限会社 吉村工作所
施工 級社 中川建設 (今回)
    株式会社 多々良組 (20年前)
設備 渇社玉名電設

20年前の工事風景1


20年前の工事風景2


20年前の工事風景3


20年前の工事風景4


20年前の工事風景5


20年前の竣工写真


地鎮祭(クライアント・工事関係者)

(父から子へと建物が受け継がれる)

(倉庫から住宅へ変身する始まりである)





木材検査
(材質・含水率検査などを行う)



 倉庫の壁・床を全て解体した状態の内部で地鎮祭及び上棟式
が行われました。
 これから、どんどん、住宅としての工事が進んでいきます。
20年間倉庫としての責務を終了し、新たな機能が吹き込まれる。
さて、どんな形に生まれ変わるか、お楽しみください




リビング・ピアノ室



ピアノ室


リビング・ダイニング


ダイニング


リビング・キッチン


キッチン


木彫家/上妻利弘氏が楠木(熊本県木)を手彫りで仕上げたキッチンです。
 3年前から建築家/倉田耕次・木彫家/上妻利弘氏・家具製作/吉村孝太郎氏と3人のコラボレーションで質の高い住宅家具を目指して取り組んでいる。これらの作品を、M-houseにも取り入れた。
 全てオリジナルなパーツで創る事がいろんなクライアントに満足を提供できると考えています。住宅は特に、個々の、ライフスタイルが違うので、必然的にオリジナルな空間が要求される。既製品で満足される方は規格型住宅を購入されるんだろうなぁ。。。と3人でよく話している。


浴室


洗面室


外観写真(北東)



外観写真(北)


外観写真(東)


外壁は赤レンガにリニュウアルしました。
コンクリートの柱・梁はそのまま20年前の
形を残し、デザインしました。
 北側に2階建ての木造を増築はしましたが
出きる限り、既存の形を残しながら、新たな
デザインを形成していく事に力を注ぎました


   KURATA Architectural Office Co.Ltd.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO